◆商品が検索結果に出てこない?◆

『いろんなキーワードで検索をかけても、自社商品が表示されない・・・』
『検索結果の上位は顔ぶれがいつも同じで、なかなか自社商品が上にあがらない・・・』
楽天に出品したものの、思うように検索結果に商品が出てこず、モヤモヤされている方も少なくないかと思います。

楽天の検索結果に表示させるには、楽天のアルゴリズムを正しく把握し、適切な楽天SEOをとる必要があります。
本記事では、弊社が考える楽天の仕組みと楽天SEOをご紹介いたします。
楽天のルールとSEOの理解を深め、アクセス増加・売上拡大を目指しましょう!

◆楽天SEOとは?◆

楽天SEOとは、楽天内で商品の検索がされた場合、
自社製品を検索結果の上位に表示されるように対策することです。

楽天の売上を伸ばすためには、購入意欲の高いユーザーを集める必要があります。
そのためには楽天検索からの集客がポイントになります。

まず、楽天SEOとして、最低限しないといけないことは
商品名・キャッチコピー・商品説明文に、
ユーザーが検索するであろうキーワード(以下、検索ワード)をいれることです。

検索ワードには、ビッグワードとスモールワードの2種類あります。

●ビッグワードとは?
ビッグワードとは、検索する人が多いキーワードを指します。
抽象度が高く、汎用的であることが特徴です。
[例:ワンピース, スイーツ]

ビッグワードは、検索ボリュームが大きくなるため、上位表示を狙うライバルも多いです。
出品したばかりの新商品や売上が伸び悩んでいる商品において、
検索の上位化を狙うのは、検索ワードを追加するだけでは難しいと考えています。

●スモールワードとは?
スモールワードとは、検索する人が少ないワードを指します。
スモールワードは、複数のキーワードから成る複合ワードになる場合もあります。
[例:ワンピース 花柄 サイドスリット, ホットケーキミックス 無添加]

スモールワードを網羅しているライバルは少ないので、比較的上位化は狙いやすいです。
また、スモールワードで検索しているユーザーは購入意欲が高いので、
検索結果の上位化ができれば、売上を狙いやすいというメリットもあります。

まずは、幅広くスモールワードを商品名やキャッチコピー、説明文に設定して、着実に売上を確保する。
そして同時に、ビッグワードも適切に組み合わせて、表示順位の上位化を図りましょう。
そして、ある程度狙った検索ワードで上位化がされたら、
異なるキーワードを再度設定して、上位化を図る、というのが楽天SEOの基礎になります。

さらなるアクセス増加・売上拡大のため、適切な楽天SEOを行うには、
楽天市場の仕組みを正しく理解する必要があります。

◆楽天市場の仕組み◆

検索結果の表示順位に最も影響を与えるのは、販売実績です。
一定期間における、商品の売上高・売上件数・売上高の伸長率・売上件数の伸長率が
総合的に評価され、順位が決定されます。
つまり、『売れている商品=ユーザーにとって有益な商品』として、楽天から高評価を受け、
楽天市場の検索結果の上位に表示されるという仕組みになっています。
逆を言えば、売れていない商品は、ユーザーにとって有益な商品ではないと判断され、
高い順位で検索結果に表示されることはありません。
何か対策を取らないと、
商品が売れていないから上位に表示されない、表示されないからユーザーに商品が見られない、
見られないから売れない・・・・・という負のループに陥ることになります。

販売実績の少ない商品の検索順位を上げて、売上に拡大するには、
この負のループを強制的に断ち切るための施策が必要となります。

◆負のループを断ち切るためには◆

検索結果の表示順位を上げて、商品の露出を増やすためには、
販売実績の評価要素である、伸長率(売上高&売上件数)を短期間で伸ばす必要があります。
そのための主な手段として、広告戦略と安値戦略があります。

●広告戦略
楽天の広告(RPP・CPAなど)を活用し、アクセス増加・売上拡大を狙う戦略。

●安値戦略
最安値検索で上位にくる価格帯に設定し、 アクセス増加・売上拡大を狙う戦略。

どちらの戦略も、コストがかかりますが、特定の商品の売上増加をスピードアップさせる手段になります。
展開を検討する際は、費用対効果がいいか、予め確認しましょう。

日本最大級のECモールである、楽天市場での売上を増加させるためには、
楽天検索での表示順位を上げて、露出を増やすことが重要になってきます。
そのために、楽天市場と楽天SEOの仕組みの理解を深め、適切な楽天SEOを実施しましょう。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP